お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

子宮の病気になった後のセックスレス悩み


今回は、ラブセラピーのメルマガ読者の方からつのった
セックスレスの体験とそこから得たアドバイスについて
このブログの読者のみなさんにご紹介いたします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


病気が原因でセックスレスに私は20代半ばの主婦です。
夫は10歳年の離れた人で、職業はメーカーの事務職をしています。

結婚して数年目に私の子宮の病気が発覚してしまいました。
夫とのセックス中に騎乗位になっていると夫の物に何かが当たったそうです。

検査をしてもらうと子宮筋腫でした。
治療は終えてますが、
それ以来セックスが強くてできないのです。




病気が発覚したトラウマ解消について
セックスはしても問題がないらしいですが、
どうしてもそんな気分になれないのです。


主人に気持ちを話して理解をしてもらいました。
主人は私のセックスに対する恐れがなくなるまで、
しばらく待ってくれると言ってくれました。


クリニックの医師や同じ病気の経験者に
病後のセックスについて聞いて回ったのですが、
賛否両論で私の気が休まる知識に巡り合うことがありませんでした。


主人と何度も話し合った結果、
夫が気の毒なので私以外の女性との関係を持つことを容認することに至りました。


これは主人に強要されたわけではなく、
自主的に夫に伝えました。

夫はできるだけ我慢してみると言って正直に向き合ってくれたので、余計に申し訳ないなと思いました。



現在の夫婦生活について夫との夜の生活は、
未だに病気のことが原因で挿入はできませんが、
夫への奉仕は他の性行為で図ることになりました。

セックスレス中に夫が風俗や浮気を
利用していないことが行為に及んだきっかけでした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

セックスレスを解消できずに悩む夫婦、
セックスレスを解消できた夫婦、様々な関係や結末がありますが、
何もせずに終わるのは悲しいことですよね。


今回の体験談も是非参考に、
あなたもステキな二人の関係を築いていってくださいね。

「男を虜にして離さない女のセックステクニック」方法を知りたい方はこちら
「もっとセックスで感じたい・・・秘めた自分を開花させるオーガズム方法」を知りたい方はこちら


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)