お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

性交中の出血 考えられる理由や病気について

彼とのセックス中に膣から出血・・・
生理でもないのに出血をしてしまえば
恐ろしい病気なのかと思わず怖くなってしまいますよね。


セックス中の出血、その原因は様々考えられますが
中には恐ろしい病気が隠れていることもあり
注意が必要になることがあります。


では、セックス中の出血で考えられる原因とはどのようなものがあるか
今回はご紹介していきます。


・子宮頸がん

セックス中の出血で考えられる病気で
一番恐ろしいのが子宮頸がんです。


子宮は膣の奥にあり
膣の長さは8cmから9cmくらいあるもの。


その膣に面した部分に発生するがんが子宮頸がんで
セックス中やそのあとに、おりものに血がまじることがあります。


子宮頸がんはかなり進行をしない限り
痛みや違和感といった症状は出てきません。
病気に気付くきっかけになるのがセックス中の出血なのです。


子宮頸がんは定期的に婦人科での検診を受けることで早期発見が可能です。
月経以外の時期に出血や茶色いおりものが出る場合なども
まずは婦人科を受診してみると良いでしょう。


・子宮頸管ポリープ

子宮頸管ポリープという、
子宮頸部の入り口に小さないぼ状のできものがある場合も
セックス中に出血を起こす原因となります。


子宮頸管ポリープ自体は良性の腫瘍ですが
まれに子宮頸がんがポリープ状になることがあるため
切除した場合は検査が勧められます。


この子宮頸管ポリープは婦人科の診察でしか発見できないため
まずは婦人科にかかってみると良いでしょう。


セックス中の出血はおそろしい病気が隠れていることが多いため
不安を感じるならまずは婦人科に受診してみましょう。


もちろん、全てが病気が原因なわけではなく
膣や子宮頸部にただれがあった場合や


セックスの刺激で膣や子宮の周囲に傷がついた場合も
当然出血をすることは多いです。


他にも閉経の頃には女性ホルモンの減少で膣や陰部の皮膚が薄くなり
少しの刺激で出血をしてしまうことはあるでしょう。


他にも子宮頸部にびらんという粘膜がはがれた状態や
はがれた状態に近い形になった場合も出血が見られることは多いです。


怖いから、恥ずかしいから病院に行かないと言っていては
取り返しの付かないことにもなりかねません。


自分が安心するためにも
出血が見られたときは一度婦人科に行ってみてくださいね。

「男を虜にして離さない女のセックステクニック」方法を知りたい方はこちら
「もっとセックスで感じたい・・・秘めた自分を開花させるオーガズム方法」を知りたい方はこちら


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)