お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

セックスレスでカウンセリングを受けるとき

セックスレスで悩む家庭は
この現代社会では決して少なくなく、珍しいケースではありません。


セックスレスで悩む人にとってはどう解決していくかは重要な事ですが、
その解決法の一つとしては夫婦でカウンセリングを受ける
というのも一つの手だと思います。


とはいえ、カウンセリングといっても
どこで受けるのか?誰に受けるのか?そのように相談するのか?

・・・などを突き詰めて考えると
なかなか一歩を踏み出せないという人も多いですよね。


実際、心理視覚には保証となる国家資格は
明確にはないため、全国にはとても優秀なカウンセラーもいれば
そうでないカウンセラーもいます。


ですから、安心して相談を受けるためには
まず以下の点について調べてみてください。


・カウンセラーはどのような人なのか?
・カウンセリングの方法はどのようなものか?
・相談の方法はどのようなものか?
・相談に行く場合の方法はどのようなものか?予約制なのか、そうでないのか?
・相談時間や費用の支払い方法はどのようなものか?
・カウンセリングと同時に医療機関との連携、チーム医療を行っているか?



という点です。


特にカウンセラーはどのような人なのかは
しっかりとリサーチして相談されるといいでしょう。


所属学会や学会で発表した経験、
論文の発表の有無などを調べてみてください。


多くのカウンセラーは所属学会や心理療法の学会に所属しています。


例えば

本心理臨床学会、日本臨床心理士会、日本産業カウンセラー協会、
日本カウンセリング学会、日本精神神経医学会、日本心身医学会

認知療法・認知行動療法の場合、日本認知療法学会や日本行動療法学会。

精神分析・交流分析の場合は、日本精神分析学会や日本交流分析学会。
夫婦・家族療法の場合は、日本家族心理学会や日本家族研究/家族療法学会、
日本ブリーフサイコセラピー学会

催眠療法の場合、

日本催眠医学心理学会、日本ブリーフサイコセラピー学会。
森田療法や内観療法の場合は、日本森田療法学会や日本内観学会

などの学会です。

こうした団体に所属しているかどうかは一つ相談の目安となるでしょう。



相談料についても関東圏の場合は
6,000円から15,000円と幅があるものの、一律には決まっておりません。


少なくともしつこく勧誘するようなところは問題外ですから
実際に相談前に問い合わせするのが良いと思います。


セックスレスや性障がい、性的関係の問題であれば
セックスセラビーの紹介や対応方法について案内をされる場合もありますし、
直接そのカウンセラーさんが対応してくださる場合もあります。


どちらにしてもまずは
悩む前にお近くの医療機関で相談されてみてください。
きっとあなたの悩みを解決する糸口が見つかるはずですよ。

「男を虜にして離さない女のセックステクニック」方法を知りたい方はこちら
「もっとセックスで感じたい・・・秘めた自分を開花させるオーガズム方法」を知りたい方はこちら


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)