お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

セックス以外の愛情表現ほ方法とは?


●お互いを大切に思えばこそ生まれるセックス以外の愛情表現。年齢を重ねればどの夫婦にも必要で、それはおそらくセックス以上に大事なもの。


セックスレスと聞くと、何か夫婦間がうまくいっていないようなイメージを持たれる方が多いと思います。私自身も結婚するまではそう思っていました。しかし、夫婦の愛情表現、愛情確認というのはセックスに限られたものではありません。年を取ると自然とセックスレスになっていくのはどの夫婦でも同じだと思います。セックス以外で愛情を感じることに喜びを見付けることは全てのカップルにとって大切だといえるでしょう。


私は40代になってから50代の夫と結婚したのですが、数年経った今ではセックスレスです。結婚当初は夫婦生活もありました。しかし、それぞれ自分のペースを優先させた独身時代が長かったため、タイミングが合わないことも多かったのです。そのうちセックスレスになり、自分が夫に応えられない時または逆の時には、夫に申し訳ないという気持ちや夫婦として共有すべき大切なことが欠けているようなもどかしさがありました。一方で夫とは毎朝ハグして「おはよう」と確認する習慣が出来ていました。セックスレスになってからは、この「朝のハグ」が二人にとってとても大事なものであると感じるようになりました。時には朝のハグ以外にも、夫の腿にまたがって子供のように抱っこしてもらいながら話をします。他人が聞くとおかしいかも知れませんが、こうして私達は愛情を確認しているのだと気が付いてからは躊躇せずに夫の腕の中に抱いてもらうようにしています。


元々私達夫婦は中年になっての結婚だったので、若者のようにセックスに重きを置いていなかったのは事実です。でもお互いに相手をいとおしく思い、大事にしたい気持ちは同じなので、自然とセックス以外の形で愛情表現が出来るようになりました。本当に性欲だけで相手を求めているのであれば違ってくるかも知れませんが、セックスレスでも心身ともに寄り添って生きていくことはできます。セックスにこだわりすぎず自分に正直になって相手を大事にする気持ちがあれば、きっとふたりにとってベストの表現方法が見つかることでしょう。

「男を虜にして離さない女のセックステクニック」方法を知りたい方はこちら
「もっとセックスで感じたい・・・秘めた自分を開花させるオーガズム方法」を知りたい方はこちら


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)