お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

性的能力の衰えとセックスレスの関係性


人間だれでも衰える。セックスだけの関係ではなく、たとえセックスレスになっても関係が続くような、相手のいい所を見つけておこう。


確かにセックスは「恋愛の華」と呼んでいいものかもしれません。激情の頂点、快楽の頂点です。しかし、性的な能力はいずれ必ず衰えます。セックス以外に一つ、相手の長く愛せる所を確認してから交際するという慎重さが必要ではないでしょうか。


よくセックスは、例えば、血の滴るステーキであるとか極上のフカヒレだとか、いつもは食べられない豪華な食事です。でも、それが毎日となると飽きてきて、美味しさは次第に減退していくだろうと思います。
それに対して、セックス以外の相性の良さというのは、食べ慣れた毎日の食事に例えられます。ごはんが美味しく炊けているとか、味噌汁やお漬物がおいしい、そういう他愛のないものでよく、案外他愛のないことの相性が大事です。


普通、性的能力は年齢と共にいずれ衰えますから、セックスだけでつながっている関係は、遅かれ早かれ、終わりが来るものです。ステーキに飽きたときに、普段に食べるご飯やお味噌汁がおいしいかどうかというのはとても大切です。


そういう生活の軸になる部分に幸せを感じるというのは、二人の関係を続ける何よりのモチベーションとなるものでしょう。


豊臣秀吉のように、かなりの高齢になっても子供を作った人もいますが、普通そんなことはありません。高齢社会ですから、性的能力が衰えても、かなり長い時間を過ごさなくてはなりません。
ごく普段の生活でも、自分に相性のいい相手を選ぶことはとても大切です。

「男を虜にして離さない女のセックステクニック」方法を知りたい方はこちら
「もっとセックスで感じたい・・・秘めた自分を開花させるオーガズム方法」を知りたい方はこちら


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)