お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

体調管理とセックスレスの関連性


妻の入院によって感じた独り身の恐怖と妻への愛情。そして再び一緒に過ごせるようになることには妻が欲しくてたまらなくなっていた。


私達夫婦は決して仲が悪かったわけではないですが、付き合った頃と比べるとかなりセックスレス気味になっていました。

ですが妻の入院をきっかけに昔のように頻繁に夜の夫婦生活をするようになりました。体力的なこともあり毎晩とはいきませんが、セックスレスとは無縁になった体験談をご紹介させていただこうと思います。


おそらくセックスレスになって3年ほど、その間は二ヶ月に1回あるかないかくらいの頻度でした。ですが、妻がある病気をして長期入院することになり、それまで一緒にいるのが当たり前だった生活が激変して、妻を失うかもしれないと感じた時、私は本当に悲しくなって仕事も手につかないほどになってしまいました。

幸い妻は徐々にですが体調も回復して、今ではほとんど元の健康な体に戻ることができました。その時私の感じた孤独だったり妻への愛情だったりが、セックスレスの解消に繋がって、いつのまにか何もしていなくても妻を抱きたいと思うようになりました。

これは単に性的な意味合いでなく、一緒にいれることへの感謝の気持ちを体で伝えたかったり、限りある命だからもっと寄り添いたいと思うようになったことが原因だと思います。


私の場合はかなり特殊ですが、それでも一緒に長くいると空気のようにいるのが当たり前だと思いがちです。そのような場合は意識して少し距離をおくことで、再び恋の熱が蘇ったり相手を改めて大切に思えるのでおすすめです。

「男を虜にして離さない女のセックステクニック」方法を知りたい方はこちら
「もっとセックスで感じたい・・・秘めた自分を開花させるオーガズム方法」を知りたい方はこちら


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)