お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

しても大丈夫?妊娠中の性交渉の注意点

お腹に大切な赤ちゃんのいる妊娠中でも
性欲が尽きるわけではありません。


夫が、時には自分が
セックスしたいという気分になることもあるでしょう。


妊娠中にセックスはできない、と思い込んでいる方もいらっしゃいますが
実はお腹の中にいる赤ちゃんの経過が順調で
体調が良ければセックスをしても大丈夫なのです。


ただし、妊娠中のセックスは
妊娠していないときのセックスに比べて
特に気をつけなければいけないことがいくつかあります。


そこでお腹の子供に影響がおきないよう
妊娠中の正しいセックスの仕方をご紹介致します。
しっかりと覚えてセックスを楽しんでくださいね。


・妊娠中セックスの注意点(1)体位を工夫し、挿入は浅く

妊娠中はとにかくお腹を大切に
お腹を圧迫するような体位や
子宮口を直接刺激するような激しい体位は避けましょう。


正常位など体位を工夫し、浅い挿入になるよう心がけ
あまり長時間にならないようにするのもポイントです。


・妊娠中セックスの注意点(2)清潔を保つ

子宮内に雑菌が入ってしまわないよう
妻も夫もセックスをするまえには
身体をきちんと洗って清潔にしてください。


また、指を深く挿入しすぎて
子宮内を傷つけるような行為も絶対に避けましょう。


・妊娠中セックスの注意点(3)お腹が張ったら中止すること

セックス中にお腹が張ってしまったり
体調が悪くなったらすぐに中断してください。


身体を冷やしてしまうことでお腹が張りやすくなり
切迫早産を引き起こす原因にもなります。
長時間裸のままでいるようなことは控えてください。


セックスをしたあとにお腹が張ることもありますが
しばらく横になってお腹の張りが治まるようであれば
心配はいらないでしょう。


・妊娠中セックスの注意点(4)コンドームは必須

「妊娠しているんだから中に出しても大丈夫」
そんな甘い考えを持ってはいけません。


精液にはいろいろな最近が入っているため
最近によって早産や破水の原因となる
絨毛膜羊膜炎を引き起こすことがあります。


また、精液の中に多く含まれる成分「プロスタグランディン」は
子宮を収縮する成分が含まれています。


他にもさまざまな影響を及ぼしますので
コンドームは必ずつけるように心掛けてください。


妊娠中とはいえ、セックスをしたいこともありますよね。


意外なところで気をつけていただきたいのが
乳首への刺激。


性感帯である乳首を刺激したいということも多いかもしれませんが
実は乳首への刺激は早産を招くことがありますので
妊娠中は避けたほうが良いでしょう。


このように気をつけるポイントはいくつかありますが
正しいセックスを行えば赤ちゃんに影響を起こすことなく
2人で愛し合うことも可能です。

ぜひ、妊娠中の正しいセックスを覚えて
2人の時間を楽しんでくださいね。

「男を虜にして離さない女のセックステクニック」方法を知りたい方はこちら
「もっとセックスで感じたい・・・秘めた自分を開花させるオーガズム方法」を知りたい方はこちら


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)