お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

セックスで「イケない」ことを気にしてはいけない


「もう、付き合って半年をすぎますが
彼のセックスでイケないのです。

いつもごまかすのですが、
イケないことで彼が申し訳なさそうにしているのが
本当に辛くって・・・

質問が漠然としてますが、
イケないのを解消できる方法ってありますか?」


セックスの悩みは、
年齢関係なく誰でも経験する可能性のあるものです。

特にこの「イケない」悩みというのは
40代、50代になってもありますので、

女性にとっては根が深い悩みだと思います。


しかし、毎回セックスで申し訳ないと感じながらしていたら
パートナーとのひと時を楽しむことができませんよね。

今回は、セックスで「イケない」事が
申し訳ないといつも感じるあなたへ

イケるようになれる方法をご紹介致します。


・女の快感は、脳が感じるもの

女性の中では、乳首を舐められただけで
イッてしまう人もいれば、
クリトリスや膣を攻められても、まったくイケない人もいます。


どうしてこうした個人差が生まれるのかというと、
実はオーガズムは身体の反応ではなく

脳の反応で感じるものだからです。

ですから、脳が「イク」と指令を出したら
どの部位でもイクことができるため、
女性の性感帯は男性に比べて広いと言われています。

つまり、脳に「イッてもOK」の指令を出させるように
しないとオーガズムには達しないのですから、


「イケなかったらどうしよう・・」というように
緊張や不安のある状態では
身体が感じないのはしかたがないことなのです。


脳で感じるためにはまずリラックスして
気持ちよさや幸せな感情に身を委ねるようにしてみてください。


・お互いのセックス経験値不足

脳に「イク」指令を出させるためには、
セックスの経験値が必要です。


これは回数をこなせばいいというわけではありません。
パートナーとどれだけ心を通わせたセックスが
できるかどうかの経験値です。


回数だけをみたら、年齢が上がれば上がるほど
イキまくる身体になりそうなものですが
そういうわけではないですよね。


パートナーも女性の身体を知り尽くした人
ばかりではありません。

AVがセックスの教科書になっている男性は特に

女性は気持ちがよければイクものだと
勘違いしている人も多いのです。


では、どうしたらイケるようになるのか
その方法についてお話しましょう。



・まずはイケる身体をつくる

脳がイク指令を出すには、
あなた自身がイクという感覚を知っておかなければなりませんから、
そのために、積極的なオナニーをおすすめします。


たとえば、バスタイムや寝る前など自分がリラックスできる
時間とタイミングにクリトリスなどを愛撫する、

彼に触られているところを想像するなどして
気持ちよさに集中します。

この気持ち良さに集中して妄想するほど
脳もイクという指令を出しやすくなるのです。


ひとりでオナニーすると急に虚しくなってしまい
テンションが下がるという人や、

恥ずかしいししてはいけないことのように感じる・・・
といって躊躇してしまう人も多いですが、

ここは彼とのセックスでイケない悩みを
解消するためにも、オナニーを楽しんでみてください。


そしてパートナーとセックスする時にも
妄想をふくらませることが大切です。


パートナーもあなたのどこが気持ちいのか
試行錯誤しているかもしれません。


彼が一生懸命愛撫をしているのに

「そこじゃない」

なんて言われたら、落ち込んでしまいます。

「そこ、気持ちい。○○もさわって」

などとおねだりすることで、パートナーの
テンションもあがってきます。


焦らずにお互いの経験値をあげることで、
イケないセックスからイケるセックスへと
変わっていく事でしょう。


あなたと彼が素敵な関係を維持できますよう祈ってます。



初めてひとりH


「男を虜にして離さない女のセックステクニック」方法を知りたい方はこちら
「もっとセックスで感じたい・・・秘めた自分を開花させるオーガズム方法」を知りたい方はこちら


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)