お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

おりもののにおいが気になる方へ


おりものの臭い、量が気になるという方は少なくありません。
おりものとは、医学的には「帯下(タイゲ)」といい、
原因はいくつか考えられるのですが、
生理的な原因の病気によるものの2つに分けられます。

おりものの原因ですが、病気でない限りには、
人それぞれの体質が問題の場合が多いです。

体質によるおりものの原因は排卵期によるものが多く、
排卵期の時期になると、カラダが精子を侵入させやすいように、
普段はドロっとしている頸管粘液が水っぽく変わり、
量も多くなって少量の出血がみられることもあります。

このような症状の約2週間後に生理があったのであれば、
ほとんど間違いなく、排卵によるおりものと考えてよいです。
また、妊娠期にもおりものは増えます。

体質によっておりものが多い人と少ない人がいるのですが、
おりものの悩みを伺っていると、
大抵の場合は本人の気にしすぎの場合が多いもの。
実は異常なわけではないというのがほとんどですので、
あまり気にし過ぎないことも大切です。

しかし、排卵期の時期でもないのに、
突然おりものが多くなった場合などには、
病気による原因が考えられますので注意が必要です。

この場合、子宮口や膣内に傷などができ、
バイ菌が感染した事によって
おりものが増えていることが考えられます。

病気の場合のおりものにも、様々な症状がありますが、
例えば、トリコモナスという原虫による膣炎を発症している場合、
白濁した水っぽいおりものが増え、かなりのカユミをともないます。

また、中には、おりものが白いと悩む方もいますが、
もともとおりものは白いのが普通です。
かゆみがある場合、あまりにも量が増えた、色が黄色い、
血が混じっているなどという場合は病気の可能性があります。


このような原因の場合は、病院で診てもらうことが必要ですので、
できるだけ早めに受診するようにしてくださいね。

治療は抗生物質を用い、膣洗浄と薬の挿入で簡単に治りますが、
反面、症状を繰り返すこともよくあります。
膣の粘膜は弱いものですから、優しく扱ってくださいね。

「男を虜にして離さない女のセックステクニック」方法を知りたい方はこちら
「もっとセックスで感じたい・・・秘めた自分を開花させるオーガズム方法」を知りたい方はこちら


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)