お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

セックスレスにつながる「夫の拒否」の心理とは?

夫婦関係に重大な影を落とすセックスレスの問題。

この問題を解消する方法の一つ、
それは「セックスレスを拒否する側の心理を知る」ということです。

今回は、
特に「夫がセックスを拒否するようになった場合」
の心理についてお話します。


セックスを拒否する側の理由は様々あります。


例えば、

「疲れている」
「めんどくさい」
「性欲がわかない」
「異性としてみることができない」
「(住宅事情などで)おちついてできない」


などがあげられるでしょう。


しかしこうして断った場合、
誘いを断ったことに罪悪感を持っていることがほとんどです。


特に男性は

断る本当の理由がEDなどの
男性機能の低下に起因している場合、
妻に対して申し訳ないという感情から、

さらに自信喪失や自己嫌悪に陥ってしまう場合があります。


しかし誰しもこのようなことをうちあけて
傷つきたくないもの。


だからこそ、誘った方への非難や抽象、侮蔑などといった
相手を攻撃する好意につながります。


ですから、妻から誘った時に

夫が「淫乱!」とか
「おまえそんなことばっかり考えているのか?」
といったような辛辣な言葉を発した場合、


それは本心なのではなく、
実は自分が傷つくことが怖いという心理が
働いていると考えてよいです。




もちろん、断ったら悪いとはおもいながらも
あなたからの誘いをいつも受けられないこともあります。

ですから、
「セックスも断られることくらいある」
とおおらかな気持ちを持って

「セックスの拒否がパートナーの否定ではない」
ということを理解するようにしてください。

ネガティブな感情を持って自己否定や
相手への否定につながれば、
セックスレスは深刻化してしまいます。


セックスも夫婦のコミュニケーションの一つ
パートナーとのコミュニケーションのテクニックを
普段から磨き、前向きな気持ちでいれば

自ずと問題は解消されるものです。


あなたはパートナーとの本当のつながりを
もっていますか?

「男を虜にして離さない女のセックステクニック」方法を知りたい方はこちら
「もっとセックスで感じたい・・・秘めた自分を開花させるオーガズム方法」を知りたい方はこちら


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)