お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

どこまで重要?体の相性。セックスレスで悩まないために



「カラダの相性」は結婚においてどこまで重要視すべきなのだろうか? セックスレス問題のプロフェッショナルの話をご紹介します。


結婚前のお付き合いの期間、夢と希望が満ち溢れている期間です。さて、どの程度お交際してから結婚するのが平均的だと思いますか?

スピード婚のカップルも目立っていますが人口問題研究所の調査結果では平均4.3年です。「4年もなのか!?」とビックリうする方も多いと思いますが、「4年」という数値は、自分が長年従事しているセックスレス問題の中では重要な数値となっています。


以前行った主婦層の性意識調査では結婚後4年以上も経つとでセックスレスになるカップルが多いという結論が出ました。また、アメリカの人類学者ヘレン・フィッシャー博士の「愛は4年で終わる」という説も超有名です。結婚後、人はいづれ結婚生活に飽きてしまうものなのです。そしてその飽きる最大の誘因の中に「カラダの相性」があります。

男女間の相性の良し悪しの中でカラダ=SEXは重要なエレメントです。サイテーの争議をしたり、 口喧嘩をしていても身体の親和性がピッタリ合致していれば喧嘩の後、良質のファックが可能です。そして論判エスプリが小康状態を保ちます。

高齢化してもパルペアはボディタッチに手抜きをしません。「妻のカラダに飽きた」などとは絶対に考えることはないのでしょう。結婚前に身体の相性をしっかりと確かめておく事はそれはそれはとても大事なことだと思います。


性の要求に関する問題が最も面倒で、迷惑な問題となっています。自分が経営している恋人・夫婦仲相談所にやってくる人々の中には肉慾の欲求が一段と未結合のカップルが物凄く大勢います。

これは非常に突っ込んだディスカッションをして、意見調整をしないと蜜月に引き戻ることは不可能です。私はこのような状況を「欲情カーブ曲線のアンマッチ」と言っています。

どういう理由でしたいのか、そして、どういう理由でしたくないのかを相手にきちんと情報を送り、識別しなければ改善が見込めません。性欲がすごい女性とそれほどでもない男性の取合せ、またその反対のケースも、結婚後に同じ程度の性欲レベルにするにはかなり懸命な努力が須要となります。数年セックス回数が無くなってしますと断念してしまうペアが大変多いのが我が国の現状です。

「男を虜にして離さない女のセックステクニック」方法を知りたい方はこちら
「もっとセックスで感じたい・・・秘めた自分を開花させるオーガズム方法」を知りたい方はこちら


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)