お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

子宮筋腫の治療中、性交渉は可能?

子宮筋腫とは子宮に良性の腫瘍ができる病気で
若い女性の間に急増していると言われています。


良性の腫瘍ですからすぐに手術をする必要も無く
多くの場合は経過観察という形になります。


この子宮筋腫という病気になってしまうと
「セックスは控えたり、やめたほうがいいのかな」
こんなふうに考える方も中にはいるでしょう。


確かに、子宮筋腫という病気の性質上
なんとなくセックスをするのが怖い
セックスをすると悪化するのではないかと思うかもしれません。


ですが、安心して下さい。
子宮筋腫があってもセックスは問題なく行えますし
セックスが原因で子宮筋腫が悪化することもありません。



ただし、子宮筋腫ができている場所によっては
セックスの際に痛みが生じてしまうことがあります。


もしも痛みを発するようであれば
怖がる前に一度お医者様に相談してみましょう。


これはたとえ子宮筋腫の手術をしても同じです。
子宮内部の縫合が治癒するまで術後2ヵ月程度はセックスを避けるべきですが
その後はいつも通りセックスをしていただいても問題ありません。


気をつけていただきたいのは
痛みをガマンして、それをパートナーにも伝えないような
苦しいセックスをしないことです。


彼が求めてくるから、断ったら相手に悪いから
そんな風にガマンしてセックスを続けてしまっては
セックス自体を嫌いになってしまうでしょう。


子宮筋腫の状態によって
お医者様の判断でセックスに制限が出てくることは確かにあります。

また、子宮筋腫ではなく子宮腺筋症の場合もあります。
こちらは手術で除去することが今の医学的には難しい症状ですが、
診断が難しいようで、小さな産婦人科ではわからない時もあります。

不安を感じたら技術と機材のある大きな病院で
一度診断をしてみてください。


ですが、セックスが原因で悪化した、ということも
二度とセックスができなくなるといった病気でもありませんから
ぜひ安心してくださいね。

「男を虜にして離さない女のセックステクニック」方法を知りたい方はこちら
「もっとセックスで感じたい・・・秘めた自分を開花させるオーガズム方法」を知りたい方はこちら


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)