お名前 (必須)
メールアドレス (必須)

性交痛の原因


「性交痛」という言葉をごぞんじでしょうか?
「性交痛」とは、セックスの時に感じる痛みのことで、
挿入時や激しい刺激があったときにおこる痛みのことです。

あなたも、もしかしたら何度か経験したことがあるかもしれませんね。

この性交痛の原因は、膣潤滑の不足が原因の場合が多いようです。
時には、感じているのに濡れない・・・という女性もいますが、
身体的に疲れている時や、久しぶりのセックスの時、
または、精神的にストレスが溜まっている時には、
濡れにくくなってしまうことがあるのです。

とはいえ、この『濡れない』という経験自体は、
ほとんどの女性がお持ちのことで、ごく当たり前におこること。

性交痛そのものは、年齢に関係なく誰にでも起こりますし、
出産後の女性などは、1年くらいの間、膣内や子宮のコンディションが
元に戻るために時間がかかっているために痛むことがあります。

それに、セックスをする間隔が開いている場合には、
初体験と近い状態にもどることもあるために、痛むことがあります。

ですから、性交痛があっても、
自分はなにか深刻な病気なのでは・・・?
心配する必要はありませんので、安心して下さいね。

相手のことが大好きで、決して嫌ってなどいないのに濡れなかったり、
性交痛を感じるときには、罪悪感、自己嫌悪を感じる女性も多くいますが、
どうか、そのように気にやまないようにしてください。

むしろ、どんなに相手のことが好きだったとしても、
いつだって体調万全な人はだれもいません。
ですから、疲れている時や、気持ち的に乗り気ではない時は、
セックスを控えてもらうよう、彼にお願いすることも時には大切です。


性交痛を我慢し続けると、膣の筋肉が収縮して、
痛みがましてしまう場合がありますから、
我慢は禁物です。
痛いままでは、せっかくの楽しいはずのセックスも、
つらいものに変わってしまいますし、
時には、精神的に感じにくくなってしまう人もいます。

このような場合は、
ローションや潤滑ゼリーの使用がとても効果的です。
薬局でも手軽に買えますし、ファッションホテルなどでも、
常備されているところもあるようですから、
痛みを我慢しないで、気軽に利用してください。

濡れているのにセックスの時に痛いのはどうして?


多くの場合、性交痛は濡れていないことによっておこります。
この場合には膣の入口の付近が痛むことが多く、
この痛みは病気などではないことが多いです。

しかし、挿入時、膣の奥を突かれると痛む、
それどころが激痛が走るという場合には、
子宮内膜症の可能性があります。

また、子宮筋腫が子宮の後面にできていることによる痛みや、
子宮やその周辺の炎症が原因の場合もあります。

このような場合には、すぐに治療が必要ですから、
かならず産婦人科を受診してください。

「男を虜にして離さない女のセックステクニック」方法を知りたい方はこちら
「もっとセックスで感じたい・・・秘めた自分を開花させるオーガズム方法」を知りたい方はこちら


お名前 (必須)
メールアドレス (必須)